【作り方のポイント】

芝生の張り方



芝生を張る部分の整地が重要。でこぼこしたままだと、水たまりができたりします。



芝は生長とともに目地を埋めるように横に這っていきます。
「目地張り」で張っても、時間が経てば絵のようにすきまを埋めてきれいな全面芝になります。


●べた張り
すきまを空けずに敷き詰めるので芝苗を多く使用しますが、早く仕上がります。



●市松張り
市松模様に張っていくやり方です。仕上がるには時間がかかります。



●目地張り
芝と芝の間を空けて張る方法。
すきまの幅が広がるほど仕上がるまでに時間がかかります。



●一条張り
1列おきに張ります
仕上がるまでに時間がかかります。




肥料の与え方

●芝生を貼り付ける前に施す場合

1.土の表面に適量を施す。



2.約1週間位してから芝を張り、さらに目土を入れ平らに押しつける。



●芝生に施す場合

1.芝生の表面に適量を施す。



2.表面が湿るくらい適量水をやる。


1ヶ所に固めて施したり、量を多く施すと芝生が傷む場合があるのでご注意ください。施した後は表面が湿るぐらい水を与えてください。

  • PDFファイルはこちら

    • おいしさの秘密
    • 安心・安全の秘密
    • 畑まるごとお届け
    ページの先頭へ